しがない会社員の配当金生活セミリタイヤを目指す日々

高配当銘柄などの株式投資でセミリタイアを目指す。

今週のポートフォリオ公開 2020年3月29日~4月3日ver

 

 

今週の評価額

  1. RDSB ロイヤル ダッチ シェル ADR B 826.8ドル
  2. XOM エクソン モービル 784.2ドル
  3. BTI ブリティッシュ アメリカン タバコ ADR 1557.03ドル
  4. KO コカ-コーラ 1490.22ドル
  5. AT&T 1482.84ドル

 

となっております。

 

f:id:azuman11:20200405220710p:plain

 

今週のポートフォリオ分析 

全体的に、今週は株価が上昇傾向であったため額面が上がりました。

その中でも、一番上昇したのが石油関連株です。

石油の値段が一時19ドルまで落ちていたものが、トランプ大統領Twitterでの発言により急伸。

WTI先物28ドル後半をつけて先週を終えているので、石油株であるRDSB とXOMの株価は多少回復し、ポートフォリオ内の割合として26.23%と一番大きなウエイトを占めています。

しかしその一方で、

AT&Tは下落を続けており、今週一番多く買い増しした株式となっています。

外出禁止令の影響で、傘下企業であるWarner Media(映画関連のワーナー・ブラザースなどが含まれている)の悪材料が出切っていないことなどが理由に挙げられます。

 

全てが正常に戻るまでにはまだまだ時間がかかるでしょうが、

手が付けられない状況に陥っているわけでは無く、

結末の良し悪しは別にして、終わり方が見えてきていると思います。

 

ただお世辞にも良いとは言えない状況が長引いており、

ウォーレン・バフェット氏が率いているバークシャー・ハザウェイ

2月の時点で追加購入したデルタ航空の株を売却しているように、

一流の方でも読み違えるほど難しい場面です。

 

自身も今の戦略が間違っていると感じたら、

バフェット氏の様に撤退する判断をすぐにできるように精進していきます。

ただ、軸がぶれるのとは違うのが難しいところです。

 

年間受領配当金予測

先週の段階では全く気が付いていませんでしたが、

もしどの銘柄も減配がなければ、年間予想配当額が400ドルを超えることになりました。

年間約4万円の不労所得が手に入ることになります。

数字だけで見ると感動するほどの金額ではないと思いますが、

今年の目標である年間10万円の折り返し地点のすぐそこまで

行くことができたという状況です。

色々巻き起こっている2020年ですが、着実に進められる足は進めていきたいと思います。

 

雑感

アメリカのコロナの状況は、感染者の増加率に山場が見えてきていますが、

肝心の居住地である日本が、終わりの見えない状況に入っていっています。

このままですとアメリカの様に

外出禁止令を出さなくてはいけない状況に追い詰められるのではないでしょうか。

残念ながら、私にできることは不要不急の外出をしないことしかありません。

 

初志貫徹

正直先週までの状況は、買い続けるという自分の決めたルールを破りたくなるほど

悲惨な状況でした。

先週が底であったのかはまだまだわかりませんが、状況は刻一刻と変化していきます。

それでも、配当金合計が400ドルを超えるなどの成果は出てきています。

 

できることを信じてすることの大事さを実感しています。

 

春野草。